削蹄・装蹄

本日は削蹄(さくてい)・装蹄(そうてい)日でした。

聞きなれない言葉かもしれませんが、

削蹄とは、馬さんの爪を削ること。つまり爪切りですね。

装蹄は、蹄鉄(ていてつ)を打つこと。蹄鉄とは馬さんの履いている靴のことです。

装蹄師のカワノさんと<コルノ>
爪を削っているところです

まず爪をキレイに整えてから、

次に熱した蹄鉄を蹄に合った形にととのえて、釘をうっていきます。

真っ赤になるまで鉄を焼いています
独特なに香りがたちこめます

馬にとって蹄は『第2の心臓』と言われるほど大事な役目をしているので、

きちんと手入れをしないといけないのです。

コルノも装蹄をしている間、ずっとおとなしくしていました。えらい!!

<アスールアラテラ>

今回が初めてのアスールも「とてもおりこうだっとよ」と装蹄師さんにお褒めの言葉を頂きました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。